埼玉県環境部資源循環推進課 事業ごみ削減キャンペーン


事業ごみの削減は事業者の責務です!

埼玉県にて平成26年10月1日〜10月31日まで、事業ごみ削減キャンペーンが行われます。
現在、埼玉県では年間約54万トンの事業ごみが捨てられています。
このままのペースでゴミが捨てられると、埼玉県のごみ最終処分場が足りなくなってしまいます。
そうなると、ごみを捨てる場所がなくなりますので、とても重大な問題となってしまいます。
またゴミとはいっても、しっかり分別することで、資源としての有効活用も可能です。

埼玉県のゴミ削減目標は、年間で48万トン以下です。
つまり、そのぐらいのゴミの量であれば、最終処分場が対応できる。
ということだと思いますが、本年度はすでに53.7万トンと大幅にゴミの量が増えています。

埼玉県年間排出量
ごみの量(単位:万トン)
平成14年(10年前)
66.3万トン
平成22年
53.4万トン
平成23年
53.6万トン
平成24年
53.7万トン(9月現在)


このままでは、埼玉県のゴミがあふれてしまう。
という危機感から、埼玉県の市町村と共同で、事業ごみ削減キャンペーンが実施されることになり、
当然、われらが川口市にもゴミ削減という依頼が入っております。

ゴミを削減するためには、下記のことに気をつけましょう。
・作業工程を再確認し、廃棄物の減量化につとめていますか?
・原料として売れる、無料で引き取ってもらえるような不用品を廃棄物にしていませんか?
・ゴミの分別の徹底を企業で行っていますか?(リサイクルペーパーの分別など)
・少量だとリサイクルの委託が難しい場合もありますが、ある程度まとまった量をためておければ、リサイクルが可能となることがあります。不要品の保管場所を検討してみましょう。
・違法なゴミ処理業者に業務を依頼していませんか?不法投棄などにつながったり、リサイクルに出したつもりがゴミとして捨てられていることがあります。
・飲食店ではオーダーを受けるとき、ご飯の量をお客様の希望に応じて減らすことで、食べ残しを減らすことができ、生ごみを削減することができます。

また、埼玉県のごみ減量化の取り組みとして、下記のようなことも行っています。
・食品ロスの削減対策:食べきりタイムの推進:食べ残しの多い宴会で、最後の15分間、料理をゆっくり味わう時間を残しておこう。という運動を推進しています。
・彩の国エコぐるめ事業:ハーフサイズ、小盛メニュー、量り売りなど、食品のごみ削減に取り組んでいる飲食店様をエコぐるめ事業者として登録。ステッカーを配布し、行政のホームページなどで紹介しています。

ゴミに関するご質問やご依頼がありましたら、0120−714−053まで、お気軽にお電話ください!