埼玉県、川口市の浄化槽、汲み取りは回収くん

川口市の浄化槽汲み取り
0120-714-053
作業の流れ お申込から回収までの流れをご紹介します
トップ > 浄化槽清掃、保守点検、仮設トイレ、グリストラップ

浄化槽清掃、点検、汲み取りに70年の実績

西本商事の実績と歴史

 わたくしども西本商事は、戦後直後の1945年に、浄化槽の汲み取り、清掃、点検、仮設トイレの汲み取り等の事業を開始しました。いまでは創業から70年を超えることができました。
これからも、埼玉県川口市のみなさまとともに、川口市の河川や水環境をきれいにし続け、住みよいきれいな川口市であり続けられるように、日々、浄化槽の清掃、保守点検、汲み取り、仮設トイレの汲み取り、グリストラップの収集を行っていきます。
お困りのことがありましたら、フリーダイヤル:0120-714-053まで、ご連絡ください!

浄化槽の保守点検と清掃の違いについて

○浄化槽の清掃
 浄化槽清掃作業は、浄化槽にたまった排泄物やし尿をバキュームカーで汲み取る作業です。
排泄物やし尿を定期的に汲み取らないと、浄化槽が一杯になってしまい、悪臭やひどいにおい、害虫の発生といった原因になってしまいます。

○浄化槽の保守点検
 保守点検作業は、浄化槽が正しく動作しているかを確認する作業です。
浄化槽から河川に流れ出る水が、しっかりと消毒されているかを確認し、消毒剤の投入を行うのが保守点検です。

○浄化槽の法定検査
 一般社団法人埼玉県浄化槽協会法定検査部が実施しています。法定検査は、「設置後の水質に関する検査」と「定期水質検査」の2つの検査があり、知事が指定した検査機関だけが実施できます。
 浄化槽を新築で設置した場合、設置した浄化槽が、適正に施行され、機能しているかを確認するための検査であり、浄化槽を使い始めて三ケ月を経過した日から五ケ月間に行うのが一般的のようです。
 定期水質検査として、毎年一回、保守点検や清掃が適正に行われ、浄化槽の機能が発揮されているかどうかを確認する検査も定められています。

仮設トイレ汲み取り

工事現場での仮設トイレの汲み取りもお任せください。定期的な仮設トイレくみとりはもちろん、一回だけの仮設トイレ汲み取りでも大丈夫です。お気軽に、フリーダイヤル0120-714-053まで、お電話ください!

ただし、仮設トイレの汲み取りや浄化槽の清掃業務は、行政許可のもとで行う事業になりますので、埼玉県川口市に限定しての収集となります。ご了承ください。

汲み取り、バキュームでお困りのことがあれば、まずご一報ください。お電話お待ちしております。

各種作業にかかる費用について

浄化槽の清掃、保守点検、仮設トイレの汲み取り費用、いずれもとてもお安い金額で設定しています。地域密着で70年。埼玉県川口市で事業を続けてきたからこそ実現できる価格です。

近隣エリアを効率的に巡回しながらの収集となりますので、無駄なく効率的に行うことができます。

回収くんからのお願い

  • お電話いただいてから、すぐに対応。というのが、当社のモットーではございますが、バキュームカーに限りがございますため、特に繁忙期、日程がご要望に沿えない場合がございます。ご了承ください。
  • メールでのご連絡は翌営業日になる場合がございます。急な現場の場合は お電話をいただきますよう、お願い申し上げます。その際、携帯電話等、 ご連絡がつくお電話番号をお教えいただく事になりますのでご了承ください。
  • 道路交通法の改正により駐車違反取締りが厳しくなりました。バキュームカーが駐車できないような場所の場合、追加の料金をいただく場合がございます。また、以下のような状況でやむを得ずお客様に車両の近くに待機していただく場合がございます。
    • 汲み取り回収現場敷地内に駐車できない場合
    • 車両と回収現場がかなり離れている場合
    • 不要品回収現場が取り締り重点地区である場合

どうかご理解いただきご協力いただきますようよろしくお願い申し上げます。



ページトップへ