会社|工場|事業ゴミの定期収集なら回収くん

川口市の事業ごみ、定期収集なら回収くん
0120-714-053
会社、飲食、工場、老人ホーム、事務所ゴミ、廃棄物の定期回収
トップ > 定期回収(法人・飲食店・事務所・工場など)
法人・飲食店・事務所・工場・美容院・老人ホーム・ゴミの定期回収

回収くんの西本商事は、1945年の創業以来、埼玉県川口市でたくさんの企業・事業所様にご支持いただきまして、70年という長い間、川口市でゴミや廃棄物の回収を続けることができております。
地域密着の地元企業だからこそ、急なトラブルにも迅速に対応することができるのが当社の強み!
ゴミの収集だけでなく、浄化槽の清掃や水環境の保全、資源のリサイクル、学校等の清掃など、川口市をきれいにするために様々なことを行っております。

事業ごみ定期収集や粗大ごみ処分は回収くんまで!

時代にあったゴミ処理を考えることが大切

創業以来、70年という歴史は流れ、時代は大量消費からリサイクルの時代となりました。
ゴミは無料で捨てるもの。という時代は終焉し、廃棄物コストをかけて地球環境を守る時代になりました。
基本的には『ゴミ廃棄コスト=ゴミ重量』です。
捨てる量を減らして、リサイクルにまわせば、ゴミ処理代金も安くて環境にも優しいです。

お問い合わせ~ゴミの回収開始までの流れ

お電話でお問い合わせをいただいてから、ゴミの回収を開始するまでの流れをまとめました。
ご連絡をいただけましたら、ご希望の日時で当社の営業がお伺いし、ご説明させていただきます。

まずはお電話でお問い合わせください!

定期的なゴミ収集をご希望されるとき、または会社で粗大ゴミが大量に発生したとき、そんなときはフリーダイヤル[0120-714-053]までお電話でご予約下さい。
ご希望の日程と時間にあわせて、当社の営業がお伺いさせていただきます。
『一日でも早くゴミを取りに来て!』というご依頼についても、可能な限り迅速に対応できるようにがんばらせていただきます!

事業ごみの収集依頼はお電話で

ゴミの中身と重量確認および収集希望曜日の調整

ゴミの中身と重量によって定期収集の料金が決定します。
ゴミの量が少なくなれば、その分ゴミの料金も安くなりますが、川口市では事業ごみの処理料金として行政に支払うゴミ処理金額が【22円/KG】と決まっています。
当社は川口市でたくさんのお客様とご契約させて頂いておりますので、既存のゴミ収集ルートが豊富です。
そのため収集運搬の手数料がお安くできるのが強みです。

※収集の曜日と時間につきましては、既存のゴミ収集ルートとの調整となる場合もございます。まずはお気軽にご相談ください!

定期収集の回収とゴミの重量

お見積りをご提出させていただきます

お打合せ後、すぐにお見積りを提出いたします。
もちろん、お見積りは無料です!
ゴミの回収料金は、回収の回数とゴミの重量・中身にもよりますが、ゴミのほとんど出ない事務所などでは、一か月数千円~です。事業活動に伴うゴミは家庭のゴミに捨てることは法律違反になってしまいます。ご注意ください。

ゴミの回収を開始します

お見積りの金額でご納得いただけましたら、すぐにゴミの回収を行います。
ゴミの量が増減するようでしたら、それに合わせて、収集費用も増減させていただきますので、ご安心ください!
また、回収が始まってから回収曜日を変更したい、または回数を増やしたい。という要望がありましたら、可能な限り対応させていただきますのでお気軽にご相談ください。
※産業廃棄物の処理については『マニフェスト』の発行も行っております、ご安心ください。

事業ごみ収集車が回収にうかがいます

事業ゴミの分別とリサイクルについて

【燃えるゴミ(可燃ゴミ)の分別】
川口市の事業系可燃ごみは黄色の袋での回収となります。
黄色のゴミ袋は当社にて格安で販売しておりますので(ご契約者に限り)、ぜひご利用ください。

可燃ごみの分別

【燃えないゴミ(不燃ゴミ)の分別】
川口市の事業系不燃ごみは回収後、分別してリサイクルを行います。
割れたガラスなどゴミの回収時に危険なものは、危険とわかるように分別をお願いします。

不燃ごみの分別

【段ボール・新聞・雑誌等の分別】
ダンボールは大変貴重なリサイクル資源です。必ず分別して捨ててください。
雑誌類についてもまとめて分別していただければ、リサイクルができる資源です。

段ボール、古紙、資源ごみの分別

【粗大ゴミの廃棄】
粗大ゴミについては、その都度、ゴミの種類によってお見積りを提出させていただきます。
お見積りの金額でご納得いただいた後、回収を行いますのでご安心ください。

粗大ゴミや産業廃棄物

【産業廃棄物】
事業活動によって発生した廃棄物のうち、産業廃棄物に分類されるものが決められています。
汚泥、ゴムくず、繊維くず、金属くず、ガラス、廃プラスチック類、建築廃材など、全部で19種類に分類されています。
正確に産業廃棄物か否かを分類することは専門家でないと難しく、安易な判断により一般の事業ごみとして廃棄していると、大きなトラブル、最終的には多額の賠償金を請求される。ということにもなりかねません。
どのような処分方法が最適か、お気軽にご相談ください。TEL:0120-714-053(回収くんの西本商事)

回収くんの西本商事が安くて信用される理由

ゴミ処分代金が安い3つの理由
ページトップへ